富士市のインプラント・矯正・ホワイトニングなら富士・富士宮・沼津の斉藤歯科医院

ノンメタル治療

金属の害について

金属自体はアレルギーの直接の原因になりませんが、唾(だ)液や皮膚などと触れることでタンパク質と結合し、本来生体に存在しないタンパク質が出来上がります。それを異物とみなした体が攻撃することで、炎症などが引き起こされます。

アレルギーを起こしやすい金属として、水銀、コバルト、クロム、ニッケルなどがあります。これらは通常使用される歯科用金属にも含まれます。症状は個人差があり、全く出ない人もいますが、皮膚がただれたり化膿(のう)を起こす重症の人もいます。

身体のどこに反応が出るかわからず、金属を使用して十数年たってから突然発症することもあります。それらの原因となる金属を取り除き、ノンメタルの歯を入れることにより、様々な症状を改善していくのが、金属アレルギーの治療となります。

「金属アレルギー」といえば、多くの方が、発症頻度の高いピアスやネックレスによるアレルギーを連想されますが、口の中の金属(アマルガム・その他金属のつめもの)によっても、発症します。口の中の金属は、イオン化して溶け出しやすく、タンパクと結合してアレルギーを起こしやすくなるのです。その結果、掌蹠膿疱症などのアレルギー症状をおこします。

金属アレルギー症状

これらは、バッチテスト等によって調べることができます。
また、溶けた金属が体内に蓄積し、有害金属により様々な症状がおきることがわかってきました。
これらは、毛髪検査等で調べることができます。

Before/After

金属アレルギーの症状

皮膚症状(アレルギー反応)

手足のかぶれ・シミ・シワ・肌荒れ・老化

ガルバニー電流よる症状

肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒・重金属毒)・鬱(うつ)・立ちくらみ・不定愁訴・自立神経失調症

ガルバニー電流とは、金属歯科材料が口腔内にある場合に唾液を介して接触した時に流れる電流のことです。
よくアルミ箔や銀紙を噛んだときに、いやな感触を経験したことはありませんか?
このときのいやな感触は、実は電流によるものです。
人の体には微弱な電流が流れており、脳はこの微弱な電流によって全身をコントロールしています。ガルバニー電流が発生すると、脳からの指令が混乱してしまいます。ちょうど、精密機械が妨害電波で誤作動する現象とよく似ています。その結果、体の痛み、疲れ、不眠、イライラといった様々な神経症状を引き起こしますが、ほとんどの方はガルバニー電流が原因と気付かないまま、自立神経失調症や更年期障害と診断され、不快な症状が続くことになります。
また、食べ物の味が変わったり、隠し味が良くわからなくなったり、黙っていても常に苦いような変な味がして、ストレスになってしまうことがあります。
当院には、お口の中のガルバニー電流を測り、除去する機械もあります。(自費診療)
お口の中に金属が多い場合は、少しずつでも金属でない物にすることをお薦めします。

アマルガムの毒

歯科用の金属の中でも、アマルガムは、その約半分に水銀を含むものです。
歯科という点では、優れた材料ですが、現在は健康への影響を考え、あまり使われていません。

近年、ヨーロッパでは、約6ヶ国がアマルガムの使用を禁止しており、研究もすすめられています。中でも、イギリスは、1998年4月BBCニュースで妊婦に水銀アマルガムのつめものをしないように警告し、また、スウェーデン政府は、1987年に妊娠中にアマルガムの治療を受けてはならないと発表しています。

当院では、金属を使わない治療もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

歯科治療に使用する金属

銀アマルガム合金は、水銀(55%)と銀・スズ・銅などを錬和し、硬化させた合金を歯の中の充填用に使用しています。
健康保険が適応され、かつては広く使用されていた材料ですが、辺縁破損が起こりやすいため、 二次虫歯の発症頻度が高く、また、水銀による人体と環境への影響の懸念から使用しない歯科医院が増えています。
歯科用の水銀は、無機水銀を使用されています。但し、無機水銀もメチル化水銀など、有機化すると、 水俣病などの原因となった有害な水銀となります。
特にアマルガムは、毒物ですので、水銀を含んだ金属を口の中に入れる事は、 健康を害します。

歯科でアレルギーを発症させやすい金属の、「水銀」「ニッケル」「コバルト」「クローム」「パラジウム」「アルミニウム」などは、唾液に溶け出しやすい金属でアレルギーの原因となりやすいようです。

1 パラジウム 2 水銀 3 4 白金
5 コバルト 6 ニッケル 7 アルミニウム 8 クロム6価
9 10 インジウム 11 イリジウム 12
13 スズ 14 クロム3価 15 16 亜鉛
17 マンガン

その人にとって、どの様な金属でアレルギー反応が出るかを、バッチテスト・O-リングテスト等で確認するべきです。

金属名 病名
Hg 掌蹠膿胞症
Hg 難治性貨幣状湿疹
Ni 口内炎・口囲皮膚炎
Ni,Co,Sn,Zn アトピー性皮膚炎・蕁麻疹
Ni,Cr 湿疹掻痒感
Ni-Cr合金 対金属間のガルバニー電流による舌痛症(舌のピリピリ感じる)
Sn,Zn,Mn 口内炎(口の中が痛い)
Au,Pb,Cr 掌蹠膿胞症
インターネット診療予約
インターネット診療予約